ゆかたの蘊蓄

ホーム ] [ ゆかたの蘊蓄 ] 新選やまと ] 桐生本町回遊地図 ]

 ]

ゆかた

ゆかた江戸時代に銭湯風呂の普及と共に、湯上がり中形を着たことから浴衣(ゆかた)が作られたが、これに柄(がら)が付けられて街着(まちぎ)へと普及していった。文様の大、中、小があったが、中形が多くなり、浴衣は中形が一般的となって、現在に至った。

ゆかた(浴衣)のはなし

・中形浴衣(ちゅうがたゆかた)
木綿型染中型、染法は阪中(さかちゅう)とも云う大坂の技法が入れられ簡単な道具と手法で柄替え、能率もよいもので主流技術

・ゆかた地
真岡木綿地 岡木綿の名が残っている、現在は静岡産のものが多いです

・有松しぼり(ありまつしぼり)
木綿地のしぼり簡易な道具と技法でつくる鹿の子絞りとは多少異なる

・細川もの(ほそかわもの)
注染中形の1つで見分けは濃淡2度染めもの、江戸時代細川藩主の好んだのでこの名が付いたと伝えられる

後年差し分けの一部に地色や違った色を差し入れたものが現在の浴衣となりました

更に現代では外出街着にして多色カラフル物が市場性が主流を占めています

生地 本来は木綿地、最近では合繊、綿、麻混合生地もあります

      藍一色のものが普及

染料 パット染料、硫化染料、ナフトール染料

 

 

Copyright (C) 2003 Yukatayasan & KAIC

”ゆかた屋さん” 
〒376-0045 群馬県桐生市末広町9-14グリン・ミライ1F 
TEL・ FAX(0277)-30-3016

 

Japanese "KIMONO" "YUKATA" shop "YUKATAYA"
9-14 Suehiro Kiryu Gunma 376-0045 Japan
TEL・FAX+81-277-30-3016