3) 発言を読む (衆会室の画面を表示↓)

衆会室表示画面の真ん中のフレームが発言一覧フレームです。衆会室でのメンバーの発言が階層的に表示されています。

A.発言一覧の読み方

発言一覧フレームには、各発言の主題・発言者・日付と、掛声の集計が表示されています。各表示の幅のバランスが悪いとき(例えば主題の幅が短くて日付が長いなど)は、それぞれの表示の間をクリックしながら引っ張ると調整できます。

コメントチェーンある発言に対しての質問・同意・回答・反論など、続けてされた発言は、前の発言より一段さげたところに線で繋げて表示されています。

同じ発言に対して、続けてされた別々の発言は、同じ階層に線でつないで表示されます。

したがって、新しい発言や提案は、一覧の最も左よりに表示されます。

ある発言に対して、続けてされた発言の表示を隠すことができます。発言の前についている小さな四角を押すと、下の階層の発言が隠れます(もう一度押すと現れます)。

隠れている発言がある場合は、小さな四角の中に+(プラス)が表示され、隠れている発言がない場合は-(マイナス)が表示されます。

前振りアイコン:各発言の先頭には、それぞれ前振りアイコンが表示されます。これは、発言者が発言の際に、賛成・反対など、発言の主旨を現すボタンを選択したものが表示されます。議論の流れをつかんだり、読みたい発言を選ぶ時の指針になります。

賛成です(納得です、応援します、うれしい、ニコニコ):肯定的な発言を示します。

反対です(納得できない、不満です、プンプン):否定的な発言を示します。

提案です(新しい話題です、話が変わりますが、聞いて聞いて):新たな展開を示します。

質問です(よくわからないんですが、教えて下さい、助けて):疑問・要請・要望を示します。

回答です(知っています、助けます、おせっかいですが):自発的な意志を示します。

前振り無し(上記のいずれにもあてはまらない時に選択します)

編衆長発言(編衆長としての発言を示します。編衆長以外は使えません。また、編衆長発言は匿名ではできません。)

挙手発言(編衆長に対しての、議論の進行や、衆会室の運用についての提案を示します)

掛声の集計:各発言の後方に、掛声の集計が一覧表示されています。これは、発言を読んだユーザが、各発言に対して送った掛声の数が集計されています。その発言が、衆会室の中で、どのように受けとめられたか見る指針になります(ただし、掛声ボタンは一人何回も押すことができますので、あくまで目安として扱って下さい。また、故意に任意のボタンを何度も押すような行為は慎みましょう。)

B.読みたい発言をソートして選ぶ

発言一覧に表示される主題・発言者・日付・掛声集計のすべての項目でソートをかけることができます。

ソートをかけたい項目を押します(主題でソートするなら、「主題」を押す)

項目の表示が斜体になり、ソートがかかります。主題・発言者は、英語(大文字・小文字の順でアルファベット順)・ひらがな(50音順)・カタカナ(50音順)・漢字(音読み50音順)の順番で、日付は日付順で、掛声集計は数字の多い順でソートがかかります。

ソートの表示は、降順・昇順どちらでも表示ができます。選んだ項目をもう一度押すと、降順・昇順が逆転します。もう一度押すともとに戻ります。

※注:ソートは発言の階層を越えてはかかりません。同じ階層の中での発言に対して、ソートがかかり、選択した順番で表示されます。

C.フラッグの使い方

各発言に任意の目印(フラッグ)をつけることができます。フラッグには4色と、チェックマークの5種類があります。

フラッグをつける:主題と発言者の項目の間がフラッグの項目となります。各発言のフラッグの項目あたりをクリックすると、フラッグとチェックマークの選択ボックスが表示されます。つけたいフラッグを選択すると、発言にフラッグがつきます。

フラッグを変更(消去)する:上のフラッグをつけると同じ方法で、フラッグの変更ができます。「なし」を選択すると消去できます。

フラッグでソートする:フラッグでソートすることもできます。フラッグの項目でクリックし、選択ボックスを表示し、ソートしたいフラッグを選びます。項目に選択したフラッグが表示されたら、その項目を押します。

D.既読・未読の表示

通常は未読の発言は太字、既読の発言は細字で表示されます。

既読・未読を変更する:発言を選択しながら、右クリック(Macintoshではコントロール+クリックすると、既読・未読を選択することができます。また発言全部を既読・未読にすることもできます。

既読を表示しない:発言一覧フレームの「いろいろな設定」を選択すると、既読を表示しない設定にすることができます。また、サーバから一度にとってくる記事の最大数を設定することができます。

(戻る→)