4) 議論に参加する (衆会室の画面を表示↓)

A.衆会室に登録する

衆会室で発言するには、その衆会室に登録する必要があります。上段の「衆会に参加」を押すと、衆会室に登録することができます(自由参加を許可していない衆会室には登録できません)。

B.新しい意見を発言する

衆会室のテーマや、編衆長の進行に対して、新しく発言する場合は、発言表示フレームの「発言する」ボタンを押し、衆会室投稿ページを開きます。

主題:発言のタイトルを書きます。発言一覧の主題の項目、発言表示フレームの主題に表示されます。

メッセージの種類:プレーンテキスト(文字をうって投稿)か、htmlで投稿するかを選択します。

前振りボタン:発言しようとしている内容をあらわすボタンを選択します。発言一覧に前振りアイコンとして表示され、メンバーが議論の流れを把握したり、読む発言を選ぶ指針となります。

賛成です(納得です、応援します、うれしい、ニコニコ):肯定的な発言を示します。

反対です(納得できない、不満です、プンプン):否定的な発言を示します。

提案です(新しい話題です、話が変わりますが、聞いて聞いて):新たな展開を示します。

質問です(よくわからないんですが、教えて下さい、助けて):疑問・要請・要望を示します。

回答です(知っています、助けます、おせっかいですが):自発的な意志を示します。

前振り無し(上記のいずれにもあてはまらない時に選択します)

編衆長発言(編衆長としての発言を示します。編衆長以外は使えません。また、編衆長発言は匿名ではできません。)

名前匿名か実名か選択します。ただし匿名を許可していない衆会室では匿名では発言できません。

メッセージ:発言したい内容を書き込みます。文章は15〜20文字おきに改行をいれて、読みやすくしましょう(書き込み欄では自動で改行されますが。表示される時に、つながってしまって、読みにくい表示になってしまいます)。

すべての選択・書き込みが終わったら、下段の「送信」を押します。発言を途中で取りやめる時は、キャンセルを押します。

発言後、衆会室で発言を確認するには、ブラウザでリロード(再読込)させると、発言が一覧に表示されます。

C.イメージを投稿する

画像を投稿することもできます。衆会室投稿ページの最上段の「イメージによる投稿」を押すと、衆会室投稿ページが変わります。

ファイルの種類:投稿する画像がGIFファイルかJPEGファイルかを選択します。

ファイルの指定「Brows…」ボタンを押し、ファイル選択ダイアログを開き、投稿するファイルを選択します。投稿したいファイルが選択されているのを確認します。

(投稿する画像のファイル名は、必ず英語半角にして下さい)

後は、テキストによる投稿と同じように、すべて欄を選択・書込みし、「送信」を押します。

発言後、衆会室で発言を確認するには、ブラウザでリロード(再読込)させると、発言が一覧に表示されます。

D.誰かの意見に対して発言をつなげる

発言一覧で選択した発言に対して、質問・同意・回答・反論など、発言をつなげるには、つなげたい発言を選択したあと、「発言に続ける」ボタンを押して、衆会室投稿ページを開きます。それ以降の手順は、新しい発言と同じです。

E.発言を削除する

自分の発言をいつでも削除することができます。発言一覧で削除する発言を選択し、「発言を削除する」ボタンを押すと、削除を確認するダイアログが表示されます。「はい」を選択すると発言が削除され、発言一覧には「発言者により削除されました」という表示が出ます。

※注)ただし、削除した発言につながる発言は残されます。

F.掛声ボタンで参加する

衆会室の参加者は、発言がなくても、各発言に対して掛声ボタンで意志を伝えることができます。

掛声ボタンには、拍手・反対・???・不満・納得の5種類があります。

発言一覧で発言を選択し、発言表示フレームに発言を読んだら、発言表示フレームの掛声ボタンで、掛声を選択します。評計の数字が加算され、一覧の掛声集計にも加算されます。

掛声は1つの発言に、1人で何度でもかけることができますが、衆会室の雰囲気を伝える大事な指針になりますので、同じボタンあまり何回も押すことは慎みましょう

G.編衆長に対して提案する

編衆長に対して、議事の進行や、投票の要請・提案、電言板の編集の要請、発言削除等に関する疑問などを表明することができます。

最上段の「挙手ボタン」を押すと、衆会室挙手ページが開きます。

衆会室挙手ページの書き込みは、衆会室投稿ページと同じですが、前振りボタンが「挙手」になります。発言一覧の前振りアイコンは、特別な「挙手」アイコンがつきます。

H.発言者にメールを送る

発言者に直接メールを送ることができます。発言一覧で、発言を選択し、発言表示フレームの「発言者にメール」を押します。ブラウザのメール送信画面が開きます。

※注)ブラウザのメールが正しくセッティングされている必要があります。

                                  

衆会室の使い方に戻る→ | 全体目次にもどる→|